So-net無料ブログ作成
検索選択

そこのけ、そこのけ、着物が通る? [<着物>]

先日歌舞伎座3階席で目撃したこと。
人の振り見て我が身を直せだわ〜。


歌舞伎座の3階席はとても狭い。
当然人が移動するスペースも狭くて、座席を立ち上がらないと人が通れないほどだ。
だから、着物で行くときは、足を踏まれて足袋がよごれるとか、
着物が汚れる可能性があるということを覚悟して行く必要がある。

今回私は洋服でいったのだけれど、
着物で来ているお客さんで、これはどうなの?と思う光景を目撃。
白い着物を着ていて、汚れが気になるのは理解できるが、
席に着くとこれ見よがしに袖をかかえこみ、
両隣のお客さんに着物汚さないでよオーラを発している。
しかも、長時間座っていて足を動かしたくなったらしい隣のお客さんが足をくんだらしく
休み時間に
「足組まないでくれる?汚れるでしょ!
こんな狭い席なんだから!」と怖い顔をして言っていた。
(いや、こんな狭い席の場所に、汚れて困るものを着てくるのも問題ではないの?と思ってしまった。
しかも、人にものを頼むのなら言いようというものがあるではないか。)


ひぇぇぇ〜!
こういう人がいるから、歌舞伎座では着物の人って意外と喜ばれないんだよね〜。
着物は単にその人が好きで選んだ衣に過ぎない。
それなのに、周りの人に自分の着ているものを汚さないようにしろ!と命令するのは、なんだかな〜。
ときどき、着物を着てるアテクシってエライ!みたいな、なんか勘違いしている態度のひとを見かけるけれど、それは違うと思うのよね。

ちなみに、若い人でそういう態度の人って見かけたことがなく、大概中年以上だった。
こなれた着こなしのおばあちゃんになるとそういう人は見かけたことがない。
たぶん、中年すぎて、着物でも着てみようか!とチャレンジした後発着物デビュー組ではないかと思う。
思いおこせば、大概、アレ?みたいな着物と帯の組み合わせの人が多かったから、
やっぱりビギナー系という推測は当たりではないかと思う。
着始めの人が、さぁどこかへ着ていこうか!となったとき、
そうだ!歌舞伎でもいってみよう!となるのは当然の成り行きで、
歌舞伎座そのものも初体験で、狭さを知らず今回のようなことになるのかもしれない。

私は、現代においては、週に1度とかで好きで着物を着るのはコスプレみたいなものだと思っている。
確かに汚れると、洋服よりは悉皆にコストがかかるけれど、
それを承知でコスプレしているんだから、あんたたち、汚さないでよね!みたいな威圧的な態度は違うと思う。
たとえばオシャレでワンピース着ている人で、汚さないでよね!みたいな態度をとっているひとは
みかけない。
着物着ているひとだけがそういう態度をとるとしたら、なんか勘違いしているとしか思えない。

着物を着ないひとには、着物の手入れの大変さなど知ろうわけもないのだから、
自分で気をつけるしかなくて、儀式でどうしてもというのではなく、
好きで着ているならなおいっそうのこと、周りのひとに気を遣うよう強要するのは全くもってお門違い。

3階席で汚したくなければ
大きめの風呂敷でももっていって膝にかければよい。

着物を汚すなオーラは出したくないものである。
白っぽいものを着ておいて、汚れを絶えず気にするってなんだか本末転倒しているしね。
汚れを気にせずに着物を着たいのなら、黒っぽい着物を着ればよいわけで。
私も淡い色の着物をよく着るので、周りに気を遣わせることがないよう気を付けたい思った。

よく、着物を着ていくとレストランで特別に親切に扱われる、みたいに勘違いするひとがいるけれど、
いや、汚してクレームきたら困るから・・・というのがレストラン側の本音じゃないかなぁと思っている。
着物を着付けるのに時間がかかって、いつもと違う私♪という気持ちになっても、
それは着る側の気持ちであって「私って特別よ!特別に扱ってちょうだい!」というところまで舞い上がってはいけない。
好きで勝手に着ているのに、汚れないようにと周りの人に気を遣わせたとしたらごめんなさいという謙虚な気持ちで着物を着たいものである。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

みのり

歌舞伎座三階席はそんなに狭いのですね!

確かに何度も観たい人や懐の豊かでない学生さんたちの為の料金設定なのだから、ある程度の窮屈さは我慢しないと。
汚されたくなければ自分で気をつけるか、桟敷や一等席に行くべきですよね。

劇場やレストランに限らず、公共機関でも同じ事が言えますよね。
着物だからといって周りが気を遣ってくれる事はほぼ皆無。ならそれを踏まえてラッシュを避けて時間に余裕を持って家を出ればいいし、汚れても大丈夫なように替え足袋とチリよけコートを用意すればいいだけのこと。着物だって汚れたら洗えばいいのです。
お手入れ代を惜しむなら、着物を着る時点で普段より立居振舞に気をつけて汚さないようにするのも才覚でしょう。
ついついキツめの私見を述べてしまいましたが、私も最近同じような場面に出くわして些か不愉快な思いをしたもので…。

改めて私も気をつけないと!と襟を正す思いです。
by みのり (2017-06-06 21:26) 

Dolores

みのりさま

コメント、ありがとうございます。
みのりさまもそういう場面にでくわされたのですね。
着物を愛するものとして、ちょっと悲しくなりますよね。

そうなんです、3階席はカジュアルな感覚で気軽に見る場所なんです。
皆そういう感覚で来るわけなので、そこで着物を着ているひとに
特別注意を払えみたいな態度は逆にいかがなものかと思います。

もちろんどのような場所でも、洋服を着ている人であれ、着物を着ている人であれ、周りの方に最低限の注意を払うことは必要ですが、
それ以上の注意を求めることはわがままというもの。

そして、着物を汚れないように気遣う所作にも気を付けたいものですね。
汚されたら困る!というのが目に見えて分かる所作は美しくないのです。
あくまでもさりげなく、たおやかな着物の風情にふさわしい自然な気遣いの現れとしての振る舞いをしたいと思います。


by Dolores (2017-06-07 05:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。