So-net無料ブログ作成
検索選択

#279, 280 「菖蒲浴衣」#4, 5 & 6月の読響 [<三味線稽古>]

今月からはかけ声をいれる練習。

いつも浴衣浚い、お浚い会では、となりのお師匠さんにかけ声をかけてもらっている。
(オイ〜みたいな出だしに関係ないところはかけるけど。)
けれど今回は自分でかける練習。

これが難しい。
「菖蒲浴衣」は調子替えが2回もあって、
調子を変えるのについ気をとられかけ声が遅れてしまったりする。
かけ声が続くフレーズのテンポを決めるので、慎重さが必要だ。

自分でかけてみると、今までどれだけプロの方に助けてもらっていたかがよくわかる。
自分が指揮者となることの難しさよ。
(クラシックでいうところの「弾き振り」に相当するかな?)

今日は替え手の音入れをして頂いた。
量多くはないけれど、さっさと覚えなくっちゃ。


お稽古が終わってから、読響コンサート。
今日は宮田大さんのチェロだったので楽しみにしてた。

1曲目はシベリウスの「トゥオネラの白鳥」
やっぱりシベリウスは好きだ〜。
ああ、この暗くて深淵な森の感じ、たまらない!

2曲目に宮田さん登場。
ショスタコの「チェロ協奏曲第1番」
現代的な感じで難しい。
ショスタコはちと苦手。

3曲目は大好きな「シェエラザード」
物語性のある構成、管楽器が多用されている。
クラリネットが印象的だった。
なんだか、譜面が欲しくなってしまった。

今日は宮田さんが演奏する他、人気の「シェエラザード」が演奏されたせいか、
ワカモノやJKの観客が目立った。
あ、あと指揮者ブレンドゥルフも超イケメンだったからかしら。
そういえば、先月のハープ貴公子もイケメンだったわ。
ともあれ、若いクラシック人口が増えるのはよいことだ。

今回もショスタコでちょこっと寝たぐらいで、あとは完勝!
歌舞伎よりも睡眠率が低い。
歌舞伎も今月「一本刀土俵入り」が凄くよかったんだよね。
また、これは後日。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

かつし

こんばんは♪

私も週末はNTTフィルのコンサートを聴きに行ってきました♪
3曲ともシベリウス
今年はフィンランド独立100周年だから
シベリウスの曲が多いんですかね…
by かつし (2017-06-14 22:13) 

Dolores

かつしさま
コメントありがとうございます!
(メッセの方もお返事だしますね〜♪)
おお、かつしさまも聴きに行ってらしたのですね。
シベリウスの何を聞かれたのかしら?
そう、独立100周年、今年はシベリウスがたくさん聴けそう。
やはり「フィンランディア」を聞きたいですね。
今年は縁の深い舘野さんも大忙しでしょうね。
by Dolores (2017-06-17 00:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0